Kozupon.com    
 
 Solarisのネットワーク設定及び変更


Solarisのネットワーク設定は、Linuxなどと違って設定ツールで簡単にネットワークの設定変更が出来ない。 そのため、自分でも忘れてしまうので、ここに書き留めておく。


1.現在のネットワークアドレスの確認と変更

(1) 現在のネットワークアドレスの確認

# ifconfig -a

lo0: flags=100084 <UP,LOOPBACK,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 8232 index 1 inet 127.0.0.1 netmask ff000000
dnet0: flags=100084 <UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 2 inet 192.168.255.100 netmask ffffff00 broadcast 192.168.255.255 ether 0:0:1c:b0:30:c1

(2) ネットワークアドレスの変更(コマンドで変更)

現在のネットワークアドレス、192.168.255.100を192.168.255.150に変更する。

# ifconfig dnet0 down ← 停止

# ifconfig dnet0 192.168.255.150 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.255.255

# ifconfig dnet0 up ← 起動

(3) ネットワークアドレスの変更(ファイル編集)

/etc/hostname.dnet0のファイル編集により、IPアドレスを変更する。

# vi /etc/hostname.dnet0

192.168.255.150

に書き換える。

設定を反映させるためホストを再起動する。

(4) 一枚のNICに複数のIPアドレスを割り当てる(コマンドで追加する)

現在のインターフェースdnetに、さらに192.168.255.151と192.168.255.152のIPアドレスを追加する。

# vi /etc/hostname.dnet0:1

192.168.255.151

# vi /etc/hostname.dnet0:2

192.168.255.152

# ifconfig dnet0:1 192.168.255.151 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.255.255

# ifconfig dnet0:2 192.168.255.152 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.255.255

# ifconfig dnet0:1 up ← 起動

# ifconfig dnet0:2 up ← 起動

注 : 再起動して、ifconfig -aを実行してもdnet0:1及びdnet0:2が立ち上がらない場合は、起動ファイルに記述しておく必要がある。マシンのOSのランレベルに合わせた起動ファイル、例えば/etc/rc3ファイルに、

ifconfig dnet0:1 192.168.255.151 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.255.255
ifconfig dnet0:2 192.168.255.152 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.255.255

の2行をファイルの最後にでも追加しておくことをお勧めする。

(5) ルーティング情報の付加

ルーティングテーブルの追加、デフォルトゲートウェイの追加。

# netstat -rn                   ← このコマンドでルーティング情報を確認する

# route add default < IPアドレス >   ← デフォルトゲートウェイ追加

# route add < ネットワークアドレス > < ゲートウェイホスト名 > < ゲートウェイ数 >


2.ホスト名を変更する

ホストネームは、/etc/nodenameで変更する。

# vi /etc/nodename

hoge

に書き換える。

再起動で反映される。


3.ドメイン名を変更する

ドメイン名は。/etc/defaultdomainで変更する。

# vi /etc/defaultdomain

hogehoge.com

に書き換える。再起動で反映される。


4.ゲートウェイの変更

もしルーターとしてSolarisマシンを使用している場合は、こちらのファイルを編集する。

# vi /etc/defaultrouter

192.168.255.1

に書き換える。

再起動で反映される。


5.サブネットマスクの変更

各インターフェイスおよびそのサブネットをこのファイルに記述する。

# vi /etc/netmasks

192.168.255.0 255.255.255.0

のように記述する。再起動で反映される。


6.hostsファイルの変更

このファイルはLinux等の/etc/hostsと一緒。IPアドレスとホスト名の関連付けに使用する。

# vi /etc/hosts

省略

再起動の必要なし。


7.ルーティングテーブルの変更

(1) ルーティングテーブルの確認

# netstat -rn

Routing Table: IPv4
Destination              Gateway       Flags  Ref  Use   Interface
-------------------- -------------------- ----- ----- ------ ---------
192.168.255.0          192.168.255.100    U 1 1093        dnet0
default              192.168.255.1     UG 1 12427
127.0.0.1             127.0.0.1        UH 3 20915       lo0

(2) ルーティング情報を変更する場合

まず、既存のルーティング情報を削除する。

# route delete defaule 192.168.255.1

ルーティング情報の追加。

# route add default 192.168.255.2

再起動の必要なし。

以上


 
 
 



Copyright 2005 Kozupon.com.